Ubuntuの起動時にCUIで起動するようにする。

VirtualBoxを使った仮想環境でサーバとして使う場合や、
メモリ使用量を極力抑えるならCUI環境が望ましい。

VirtualBoxでの起動時ではGUIで起動する。
そのため、起動時にXが立ち上がらないようにする。

Fedoraを以前使ったことがあるが、Ubuntuはちょっと違うみたいで
まず、ランレベルを変えるため
/etc/event.d/rc-default
を編集する。
起動時のランレベルを2から3に変更。

$sudo vi /etc/event.d/rc-default
でviエディタで編集できる。
emacsは最初から入っていませんでした。

次に設定を変更する
$ sudo apt-get install sysv-rc-conf
$ sudo sysv-rc-conf
3になっている部分のgdmとxserver-xをチェックを外す。
最後に再起動するとCUI環境で起動します。

VirtualBoxを使ってUbuntuをインストールした

Linuxをいじってみようと思って調べたら
Ubuntuがちょうどいいと思いインストールしました。

Ubuntuは仮想環境(VirtualBox)で構築するのが簡単なのです。
VirtualBoxをインストールして仮想ドライブを
Ubuntuの公式サイトからDLしたOSを指定するだけでLinux環境を作ることができます。
つまり、Linuxをインストールすることなく使用することが出来ます。

最初に公式サイトからUbuntuをDLする。
この時にVirtualBox用のUbuntuを選択する。
次にVirtualBoxをDLする。

VirtualBoxを起動し新規を選択する。
名前を適当に入力し、OSをLinux、Ubuntuを選択。
メインメモリの割り当ては適当にデフォルトで。
512MBあれば十分かと・・・
起動ディスクを既存のハードディスクを使用に選択し、
Ubuntuの公式サイトからDLしたファイルを選択すればOKです。
後は適当にすすめれば設定は完了、起動するだけです。

s_m.png