家の外からWake On LanでPCを起動する

家の外にいる時にPCの電源をつける必要に迫られる時が
極稀にあると思います。

WOL(Wake On Lan)を使うことでPCを起動することが出来るため、
リモートでログインしたい場合やサーバーにアクセスしたい場合に重宝します。

WOLを実現するには起動するPCに一定の条件があります。
条件については以前書いた記事を参照してください。

これの条件を満たしているのであれば後は簡単です。
LANであればWOLのアプリケーションを使ってすぐに起動することができます。
最低限起動するPCのMACアドレス、IPアドレスがあれば問題ないです。
これで起動できないのであればPCが対応していないか、
PCの設定が間違っていると考えられます。

外部から起動したい場合はルーターの設定をするだけです。

ブラウザからルーターにアクセスします。
基本的には192.168.1.1ですが、メーカーや各自設定している場合は
異なる場合があります。

ここからはKDDIのAterm BL190HWを例にして説明します。
詳細設定->ポートマッピング設定から追加をクリックします。
すると以下のような画面になりますので、
画面の内容のように設定してください。
WOLポート設定

起動するPCのIPアドレス(例として192.168.1.2のPCとします)を入力
プロトコルをUDPに設定
ポート番号は他のサービスがつかっている場合があり競合を防ぐために49152番以降がいいと思います。例として60000番を設定します。
優先度は他に設定されていないのであれば1を入力
設定->保存で完了です。
他のルーターも基本的には同じように設定できるはずです。

後は外部のPCから起動させればOKです。
WiMAXやEMOBILEなどのモバイルルーターがあれば簡単に出来ますが、
家庭環境で外部から試すのは難しいのであれば、
スマートフォンからでも可能です。
私はandroidでは 「WoL Wake On Lan Wan」
iPhone(iPod Touch)では「Wake up Lite」というアプリを使えば
起動確認できます。

WoL Wake On Lan Wanの設定例です。
NAME:好きな名前
MAC:起動するPCのMACアドレス
IP or Domain:自宅のネットワークのグローバルIPアドレス
(固定IPでない場合はダイナミックDNSに登録してドメインを取得してください)
Port:ルータに設定したポート番号(例だと60000)
Send as Broadcast:チェックを入れる
Subnet:分からなければ255.255.255.255で問題ないです。
SendMultiple:チェックを入れる
Packet Count:5(デフォ)
Interval:1(デフォ)
これだけで起動はできるはずです。

iPhoneのWake up Liteもそんなに違いはないです。
Packet CountやIntervalがなかったり、設定自体はこっちのほうが簡単です。
起動するたびに設定がなくなっているのでめったに使いません。
アップデートや有料版では改善されているので今はわかりません。

とりあえず、設定はこれで終わりです。
人によってルーターやPCが異なるので確かな事は言えませんが、
基本的には大きな違いはないので頑張って設定してみてください。

WOLを使って遠隔操作でPCを起動する(ルーター設定編)

WOL(Wake On Lan)はネットワークからPCを起動することができる方法のことです。
家のLANの中だけでなく、ルーターのポートを開放すれば
外部からもPCを起動することができます。
私もIS03やiPod Touch(WiMAX経由)で起動したりしてます。

条件としては
・マザーボードがWOLに対応していること
・電源がATX2.01に対応している
・ネットワークカードがWOLに対応している

この3つの条件を満たしていれば問題ないです。
自作なら分かりますが、
メーカー製の場合はなんとも言えないです。
パーツ単位で対応していてもメーカー側で無効化している可能性があります。
BIOSの設定を変えるだけで出来る場合もあるかもしれませんが、
同じPCでWOLをやっているひとを調べたほうが早そうです。

WOLに対応している場合、BIOSまたはOSを起動して設定する必要があります。
ここは設定不要の場合もあるし、PCによって違うので省略します。

で、ルーターの設定ですがKDDIのBL190HWを例にして説明します。
設定する項目は同じなので、NTTのルーターとかでもできると思います。
詳細設定からポートマッピングを選択して追加をクリック。
LAN側ホストは対象となるPCのIPアドレスを入力。
ルーターの自動割り当て等を使っている場合は192.168.0.255でもいいかと。
プロトコルはUDPを選択。
ポート番号は好きなモノを選択してください。
起動するときのアプリで使用します。
65535番まで使えますが、
割り当ての関係もあるので49152番以降がいいと思います。
(例:500000-50000)
優先度は、割り当てがなければ1でいいです。
設定をクリックして、左上の保存で完了です。

後はアプリから起動するだけです。