ThinkPadのセンターボタンが動作しなくなった場合の対処法

 ThinkPadのセンターボタンはブラウザ等をスクロールするときに非常に便利なボタンだけど、
スタンバイから復帰したときによく反応しなくなる。

これは、とあるプログラムが動作しなくなったのが原因
タスクマネージャのプロセスのタグを開くとSynTPEnh.exeっていうプロセスがある。
このプロセスが動作していないのが原因で、
動作させるために一度プロセスを終了する。
このとき警告がでるけど気にしない。
223affe1.jpg

プロセスの終了後、
タスクマネージャからファイル→新しいタスクの実行をクリックして、

名前の所に
C:\Program Files\Synaptics\SynTP\SynTPEnh.exe
と入力する。

newtask.jpg

最後にOKをクリックすれば無事センターボタンが使えるようになる。

もし頻繁に動作しなくなる場合はショートカットを作成すると便利です。
デスクトップ画面(コンピュータ内ならどこでも可能)で
右クリックすると
表示、並べ替え、最新の情報に更新のようなメニューがいくつかでる。
この中で新規作成からショートカットを選択する。
すると
するとショートカットの作成というウインドウとアイコンが現れる。
先ほどと同様に
C:\Program Files\Synaptics\SynTP\SynTPEnh.exe
を入力してOKをクリックすればOK。
cfc451fc.jpg

これでショートカットが作成されたので、
アイコンをクリックすればセンターボタンが使えるようになる。

ThinkPad T61にFedora 9(32bit版)を入れなおした

64bit版はflashが入らなかったり、
Cell SDKもインストールできなかったりして
まだまだ64bitは早かったみたい。

なので、32bit版を入れなおしてみた。
flashもちゃんと入ってopenofficeも入った。

ただ、ちょうどこの時期に
CellSDK3.1が出て
インストール方法が分からず
(英語読む気が起きなくて)
まだ入れてない。

問題は、
カーネルを入れたあたりで、
解像度が1440×900かそれ以下しか選べず
1400×1050が設定できない。
グラボのドライバを入れたけど、
改善されずどうしていいかわからない。

けど、今までできなかった
サスペンドからちゃんと復帰はできるようになった。

作業できないことはないので、
気長に解決策を練ることにします。

ThinkPad T61 yumアップデート

Fedora 9を入れて最初にやるべきことは
yumでアップデートをする必要がある。

$yum update

をやると、
かなりのアップデートファイルがたくさん出てくる。
全部アップデートをやると、
何故か解像度が、
1024×768より小さい解像度しか選べない。
アップデートする前はちゃんと1400×1050が設定されていたのに。

何故だ?
ドライバを探しても
32bit版のドライバしかみつからない。
64bit版もあったけど、カーネルが対応してないのか
失敗した。

最初は問題なかったから
何が原因なのか分からない。
全く分からないので、再インストールして
アップデートをしないようにした。

そして全く影響なさそうなものから
順次アップデートをしていくことにする。

Fedora 8のときは、
ドライバは入ってなかったし、
バックライトの明るさも、ドライバが古いのだと設定できないし、
新しいのでも設定はできるけどメーターの表示がおかしかった。

サウンドも、キーボードからだと、
音のON,OFFしかできなくて音量は調節できなかった。

そのころに比べりゃまだマシかな。
無線LANのドライバも最初から入ってたし。

T61 パーティション変更に挑戦中

フリーでパーティションの操作ができるPartition Logicってのが優秀らしいとのことで
CDに焼いて試してみたけど駄目だった。
HDD?何かが対応していないみたいで途中でエラーが出た。
このソフトはパーティションマジックって有償のソフトを作っている人が作ったソフトなんで、
すごく期待してたのに使えなくて残念。

結局、KNOPPIXに入っているQTPartedってソフトで対応した。
KNOPPIXはCDまたはDVDから起動できるLINUXのこと。
VISTAの使用で、Cドライブの圧縮は半分程度までしかできない。
160GBもあるのに、80GBもCドライブはもったいない。
(ThinkPadは全てCドライブになってしまう)
でも、このソフトがあればCドライブのパーティションを変更することが可能。

簡単な使い方はここを参照してみてください。
とりあえず、Cドライブ、LInuxパーティション、未割り当て(Dドライブ)に区切った。

ここからが問題で、
OSの領域のパーティションを変更したから
VISTAは動かないはず、
起動前に、Rescue and Recovery 4が起動してくれればいいんだけど、
何とか起動してリカバリができた。
まだインストール中だから油断は禁物。

後は、Dドライブを作って、
Fedora 9を入れてちゃんと動けばOK。

ネットでいろいろ困っている人が多いみたいだけど、
メーカー製だと、融通が利かなかったり、
初心者だけどパーティションを増やしたいけど、フォーマットは分からん。
って人が多い気がする。
VISTAからでも半分までの領域までならパーティションが作れる。
無料のソフトで、細かく設定したいのならば、
CDやDVD、フロッピーで起動するLinuxから
パーティションを分ければ問題ない。

トラックポイントが便利でたまらん

ThinkPad T61を買ってからもうすぐ5ヶ月が経つ。
結構使い勝手がよくて、
家でもわざわざデスクトップを使わずにノートを使うこともある。

ノートの方に必要ながデータが入ってるから、移動させるのが面倒ってのもある。
他の理由として、
トラックポイントの使い勝手がいいってのがある。
キーボードから手を離さなくてもマウスポインタを移動できるってのが便利。
なれてくると、マウスまで手をもっていくのが面倒になる。
trackpoint.jpg

特にキーボードメインで作業してるとそれが顕著になる。
ちょっとしか動かさないのに、マウスまで手を伸ばす、
マウスポインタより自分の手の方が動いてる。

トラックポインタが付いてるキーボードが欲しい。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ応援お願いします。

ThinkVantage Registry Monitor Service の無効化

ThinkPadでvistaを使ってると何故かCPU使用率が高くなる期間がある。
リソースモニタを見るとThinkVantage Registry Monitor Serviceってのが原因なのが判明。

実際に何をやっているプログラムなのか調べても分からなかった。
ThinkVantageってなっているからThinkPad特有のサービスなんだろうなぁ~。
同じThinkPadを使っている人に聞いたらXPにはそんなものがないらしい。
とりあえず、よく分からないのでサービスを無効化することにする。

タスクマネージャからサービスのタブ。
サービスのウインドウが開いて、
ThinkVantage Registry Monitor Serviceを探して無効化ってやればいい。

これで急激なCPU使用率が減って快適になった。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へクリックお願いします

Lenovoの新型 ThinkPad x300

ThinkPad x300なるものが発売されるらしいと
ここに載っていた。

AppleのMac Book Air よりも軽くて、
Airで削除された機能が搭載されているらしい。

主なスペックでは
ディスプレイ : 13.3インチLEDバックライト付WXGA、解像度1440×900
CPU/チップセット : Intel Merom デュアルコア・ハイブリッドLV版(Santa RosaクレストラインSFF GMS 800MHz)
メモリ : 最大4GB
ストレージ : 64GBフラッシュメモリドライブ
光学ドライブ : DVDドライブ
バッテリ : 最大4時間
ポート : USB×3、ExpressCard34
入力 : フルキーボード+タッチパッド(トラックポイント)

1.13kgととても軽い。
USBポートが3つもある。
Airは1つしかないのに。

価格は2500〜2800ドルみたいな事が別のページに書かれたけど
Airより1000ドルも高いらしい。

でもまぁ、Airよりも使い勝手や耐久性も高そう。
Airはバッテリが交換できないらしいし、普段から持ち運ぶ人だとバッテリの交換ができないのは不便なので、
自分的にはx300はありかなと思ったりもする。

最近T61を買ったばかりだから、今はこれで充分。

タッチパット無効化

以前、トラックポイントもあるし、タッチパットを無効にしようとして失敗した。
BIOSをいじれば簡単だけど、
Fedoraとのデュアルブートのせいでうまくいかなくて断念した。

vistaの方では、
設定をいじればタッチパットを無効するだけでなく
クリックの部分だけ無効というように細かく設定できる。
ThinkPadの場合、Fn+F8を押せば、一発でメニューを呼び出せる。

これで、無駄にクリックしなくなったので
非常に助かった。

もしかして、この設定ってFedoraにも反映しているのかなと思い
立ち上げてみたけどダメだった。

そもそも、Windowsの設定が反映されるわけないじゃんって思っている人もいるだろうけど
バッテリの充電の設定なんかは反映されるんだな〜

ACアダプタ Lenovoは安い!!

学校にノートPCをもって行った時に、ACアダプタを持っていくのを忘れて40分くらいしか使えなかった。
前々から、欲しいと思ってたこともあり、ACアダプタを新たに買ってしまった。

ELECOMからACアダプタが出てるが、
俺のは90wのやつだからELECOMのやつは75wしかないから無理。
もし買えたとしてもLenovoで買ったほうが安い。
4830円だし。
SONY純正だと13000円以上はするのに・・・

他のメーカーでACアダプタを買いたい人はELECOMで買ったほうがいいかも。

T61のFedora 8で無線LANをしたい。

Fedora 8でも無線LANが使えれば便利かと思い
ドライバを入れてみることに。

T61に入ってる無線LANはIntel Wireless 4965 AGNとなってる。
T61だけじゃなく4965 AGNが入ってる機種なら動く。
このサイトをドライバをダウンロードしてインストールすれば出来るはず

自分もいろいろやって
いつのまにか出来るようになったから
実際にどうして出来たかわからない。
っていうのも、最終的にはGUI環境での設定をして出来るようになったんだけど、
最初はターミナルからコマンドやら、設定ファイルをいじったりと、
わけ分からんことしていたためよく分からない。