wordpress メンテナンスモード解除

久々にwordpressを更新しようとしたら

プラグインの更新の途中で止まってしまった・・・

別のページやリロードしてもメンテナンス中で何もできない(^_^;

このままではどうしようもないので調べたら

手動でメンテナンスモードを解除する方法がありました。

FTPでアクセスするとトップのディレクトリに.maintenance というファイルがあります。

これを削除するだけでメンテナンスモードは解除されます。

削除した後に、再度プラグインを更新したら無事に更新完了しました。

wordpressにトラックバックURLを表示する

今まで自分のブログにトラックバックURLが表示されていないことに気づいたw
「トラックバックする」って項目まであるのに・・・・

自分が削除してしまったのか
テンプレートから元々なかったかわからないけど、
まぁ消してしまったのかもしれないなw

トラックバックURLの表示の仕方は

<?php trackback_url(); ?>

をテンプレートに書けばOKです。

どこに書くかは自由ですが
コメントやトラックバックはcomments.phpに書かれています。
(使用したテーマによって違いはあると思いますが。)
そこの下の方に書けばいいと思います。

下のコードをコピペすれば、
このブログの個別ページのような感じで表示されます。
後は適当に文字を追加したりCSSで整えたりすれば利用できます。

<div class=”trackback” style=”float:left;”>
<?php if (‘open’ == $post->ping_status) : ?>
<h3 id=”trackback-url”><?php _e(‘Trackback URL’, ‘hoge’) ?></h3>
<p class=”trackback-comment”></p>
<input onfocus=”this.select()” readonly=”readonly” value=”<?php trackback_url(); ?>” class=”tb_url” id=”tb_url” name=”tb_url” accesskey=”x”/>
<?php endif; ?>
</div>

exec-php WordPressでPHPを使えるようにする

WordPressでPHPを使うにはテンプレートに直接記述する必要があるが
exec-phpというプラグインを使うと簡単に使えるようなります。
管理画面からプラグインを検索すれば簡単に見つかります。

インストールして設定は特に無し。
すぐに使えるようになります。
投稿でも固定ページでもどちらでもPHPを使えます。

ただ、ビジュアルモードでの投稿はできないため、
管理画面のユーザー->あなたのプロフィールで
ビジュアルリッチエディタを使用しないにチェックを入れてください。
PHPを必要とするひとは別に必要ないですよねw

仮にチェックを入れなくても問題ないです。
投稿ページに警告が表示されるだけです。
ただ、ビジュアルに切り替えると記述したPHPがコメントアウトされるので
それだけ注意すれば問題ないです。

WordPressの記事に関連記事を表示する

検索エンジンからブログとかHPにアクセスする人って、
何かを求めてアクセスするわけですが、
アクセスした先には求めていた情報がないってことがよくありますよね。

実際にない場合もありますが、続きとして別の記事に書かれていたりします。
そのとき、その記事に関連する記事が一覧としてあれば
アクセスしてもらえるかもしれません。
見に来た人は求めていた情報が見つかるかもしれないし、
書いた本人としては記事を多く見てもらえるといったメリットがあります。

そのため、各記事のページに関連キーワードを追加してみました。
使ったプラグインは「Yet Another Related Posts Plugin」です。

インストールして設定から関連記事(YARPP)で、
表示設定ウェブサイト用の欄の
自動的にフィードで関連記事を表示する にチェックすると
各記事ページで表示されます。

関連記事の設定

ただコレだとページに表示した際に
他のレイアウトが崩れてしまうので
関連記事を囲むタグってとことろの
pタグにCSSでクラスを指定するなり、divタグを新たに用意して
レイアウトを調整することができます。
(関連記事がない時のメッセージって所もやって下さい。)

ここからは個人的な問題ですが、
いくらCSSで調整しても、ソーシャルボタンの隣に関連記事が出てしまい、
evernoteとブログ村のバナーが変な場所にいってしまう。

これは、ソーシャルボタンはプラグインで表示して、
evernoteとバナーはテンプレートファイルに直接記述しているため、
ちょうど間になってしまうんですね。

そのため、この関連記事もテンプレートファイルに記述するように変更します。
個別記事(single.php)のファイルに
<!–?php related_posts(); ?–>
を記述すれば表示されます。

先ほど設定した自動的に表示する項目のチェックを外してください。

これを利用すれば
ブログの一覧ページ(index.php)やカテゴリー別(archive.php)とかにも記述すれば
好きなページに表示することができます。

自分はカテゴリ別に表示するようにしました、
ブログのトップページに表示したら若干重く感じたのでやめました。
個々の環境によって違うと思うので一度設置して確認してみてください。

WordPressでトラックバックする方法が全く分からなったw

WordPressでトラックバックする方法が全く分からなかった。
ネットで調べても、トラックバックの問題やバグについてのことは書かれてたけど、
トラックバックの仕方について調べてもなかなか見つからなかった。

実際にやることは単純で、
記事の投稿ページの表示オプションをクリックすると画面に表示ってチェックボックスの項目がでる。
その中のトラックバック送信を選択すると下の方にトラックバック送信ってボックスがでるので、
そのにURLを記述すれば問題ない。

単純に表示されてなかっただけです。
設定の項目からやるとおもってたから表示オプションってのは完全に盲点だったorz

evernoteのクリップボタンを設置してみた

最近は仕事メモ代わりに、
役立ちそうなサイトをひたすらevernoteに保存することが多くなってきた。
このブログに需要があるかと言われれば、ないかもしれない。
クリップしてもらうブログを目指すとうことでクリップボタンを設置してみました。

自分はSite Memory for WordPressってのを使いました。

evernoteの公式からもwordpress用(WP Evernote Site Memory)のがあるけど、
javascriptのエラーが出て使い方がわからなかった。
インストールするだけと書いてるけど、うまく動作しない。

evernoteのサイトからクリップボタンのリンクを作ることができます。
設置したのはいいけど、
両サイドのカラムも保存してしまうので見た目にも保存時間やサイズ共に納得ができない。

公式のプラグインで動いている人はそれでいいけど、
それでは動かな人のために
Site Memory for WordPressの設置方法を簡単に書きます。
1.とりあえずインストール

2.設定ページへ
・お好みの画像を選択
・サイト名を入力
・ノートは空白
ユーザが未作成のノート名を指定すると勝手に作られてしまうので、
未指定の方がいいです。

・クリップする範囲を設定します。
基本的にidで囲まれた部分を指定します。
テンプレートによって違うけど、
自分の場合は記事ごとに
divタグの中に id=”post-◯”みたいな感じになっていて
このdivタグの中に記事が入っています。
そのため、記事のみを保存できるようにするには
post-%post_id%をクリップするコンテンツの欄に記述します。
(もしかしたら、記述済みかも(;^ω^))

・アフィリエイトをするつもりが無い人は空白で

このブログの場合の例
実際にはこれだけ設定しておけば問題ない。

これで設定は完了です。

3.ボタンを設置
<?php if (function_exists(‘site_memory_the_note_it’)) site_memory_the_note_it();?>

これを記事のページのテンプレートにコピペします。
これはテンプレートによって違うため何とも言えませんが、
私のテンプレートの場合は、
index.php(記事一覧) single.php(個別記事)となっているので、
適当なところに入れてください。

4.CSSで位置調整して完了です。

WordPressにソーシャルボタンをつける

WordPressにソーシャルボタンを簡単につけることができます。
簡単につけることができるのはプラグインのおかげですが。
Social Bookmarking JP

これのほかに
WP Social Bookmarking Light
ってのもある。
数はこっちのほうが多いみたいだけど、

レイアウトを変更するときにこっちのほうが変更しやすかったので
前者を採用しました。

設定ページで表示できるボタンの数や、
記事の上か下かのどちらかに設定することができます。

使い方はどっちもシンプルなのでおすすめです。

WordPressをスマートフォンに対応させる

折角作ったブログなので、モバイル端末でも見れるようにしたい。
WordPressはプラグインが豊富で案の定
スマートフォン用に表示するプラグインが用意されていた。

Mobile Pressってプラグインを入れるだけで
とりあえず、スマートフォン(IS03にて確認)用に表示されるようになる。

記事の最後に画像があると、
記事の枠をはみ出てしまっていた。
そのうち、対策を練るとします。